Twitterがガーナにアフリカ拠点を設立すると発表。

4月12日、Twitterの創業者でありCEOを務めているジャック・ドーシー氏は自らのTwitterアカウントで、アフリカ初の拠点をガーナに設立すると発表しました。

ガーナのアクフォ=アド大統領はこのツイートを引用し、「Twitterがアフリカ事業の本部としてガーナを選んだことは素晴らしいニュースだ」と自身のアカウントでコメントしました。

Twitter社は自社のブログでアフリカ初の拠点をガーナに設立した理由として、アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)協定の常設事務局がガーナにあることや、ガーナには自由で開放的なネット環境があることなどをあげています。
ガーナのTwitterオフィスはまだ設立されておらず、新チームのメンバーはしばらくリモートで勤務することになるそう。

Establishing Twitter’s presence in Africa
https://blog.twitter.com/en_us/topics/company/2021/establishing-twitter-s-presence-in-africa.html

ガーナでは2019年3月にVodafone Ghanaが LTE サービスを開始しており、モバイルデータサービスの品質が近年大幅に向上。アフリカのインターネット使用率はまだまだ先進国には及ばないものの、モバイルでのネット利用は増加傾向にあります。

インフラ整備も進めており、テック企業が進出しやすい環境となっています。2018年にはGoogleがAIのリサーチセンターをガーナに設立しており、Facebookは南アフリカに進出。アフリカのテック企業への外国資本からの投資も増えているようです。

アフリカの人口は年々増加していて、2100年には世界全体の3割強になるとも言われています。中国のような成長を遂げるにはまだまだ問題も課題も多いアフリカですが、今後どのように発展していくのでしょうか。