石油プラットフォームが海上リゾート施設に?サウジアラビアのリゾート計画「T H E R I G」

P I F(サウジアラビア公共投資基金)の投資によって、3つのホテルと11のレストラン、さまざまなアクティビティを楽しむことのできる海上リゾート施設「THE RIG」がサウジアラビアに誕生することが明らかになりました。

「THE RIG」とは?

ペルシャ湾に浮かぶ15万平方キロメートルの広大なリゾート施設「THE RIG」は「海上石油プラットフォームに着想を得た世界初の観光スポット」とうたわれています。

「閉じた国」から「国際観光地」へと

サウジアラビアはビザの取得が非常に厳しく、女性の自由が制限される保守的な同国の法律など、さまざまな事情から「閉じた国」のイメージを強く持たれている国ではありましたが、2016年に発表された「サウジ・ビジョン2030」によって、中東の人気観光地であるドバイやアブダビのような国際観光地としてサウジアラビアをアピールしていきたいようです。

経済改革計画「サウジ・ビジョン2030」

「サウジ・ビジョン2030」とは、2016年に発表された2030年までのサウジアラビアの経済改革計画です。

同国はこの計画において石油依存型の経済からの脱却を表明。その中には国内の文化・娯楽活動の個人消費を2倍以上にすることや、世界における国の経済規模ランキングを上げることなどが記されています。

また、2019年9月27日には49か国からの訪問者が80ドルで最大90日間サウジアラビアを訪問可能となる観光ビザの発行が正式に発表されています。「THE RIG」もこの「サウジ・ビジョン2030」戦略に則った構想で作られているようです。

施設の完成予定日は特に発表されていませんが、サウジアラビアは2020年代が終わるまでには年間1億人の観光客を目標としているのだとか。続報が楽しみですね。