コロナ禍において世界的に好調なEC市場。中東におけるネット通販の今

以前、「中東最大のネット通販をアマゾンが買収」という記事でご紹介した中東のEC事情。その後の中東EC市場はどのような広がりを見せたのでしょうか。2019年5月に、アマゾンは2017年に買収した「Souq.com」Amazon.aeに変え、自社ブランドとしアラビア語での提供を開始しています。 

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症により、現在、世界各国で厳しい外出制限やマスク着用義務厳格化されています。自由に外出できない状況は世界経済に深刻なダメージを与えていますが、外出制限によってネット通販の活用したことで、各国のEC市場は急成長。コロナ禍において大きく注目を集めています。 

 中東も、このコロナ禍においてリアル店舗とECサイトの連携が進んでおり、成果を上げているようです。 

 UAEやサウジアラビアの企業などが出資する、中東の大手EC企業「noon」世界最大級の商業施設ドバイ・モールと提携し、サイト内にバーチャルストアを立ち上げて好評を得ました。 

中東に2店舗を持つ紀伊國屋書店は、新型コロナ感染拡大が始まって以降、EC売り上げが特に好調で、通常時の2倍以上になったのだとか。 

かねてよりEC市場の成長が見込まれていた中東のEC市場ですが、今後どれだけの成長を見せるのか、引き続き注目していきたいですね。