ナイジェリア映画を世界に広めるために:ナイジェリア

“Nollywood films” By:Michael Rank CC BY-NC-SA 2.0

米国のハリウッド、インドのボリウッドを作品数で超えたナイジェリアの映画をノリウッドと言います。

ノリウッドとは?

ノリウッド映画の年間製作本数は2500本を超え、世界一となりました。1960年代にナイジェリアのある商人が映画を撮影してビデオテープで販売したところ、大ヒットになり、それがノリウッド誕生のきっかけと言われています。

ノリウッドという名称は、ナイジェリア製作映画として、ナイジェリアのNの頭文字を取り、ハリウッド、ボリウッドのリズムに合わせ、「ノリウッド(Nollywood)」と呼ばれています。

まだまだ知名度の低い「ノリウッド」

しかし、ノリウッド映画は、アフリカ諸国以外ではボリウッド、ハリウッド映画ほど知られていないのが現状です。それにもかかわらず、ノリウッドは製作数で世界一となり、ナイジェリア国内にとどまらず、アフリカ諸国でも販売されています。ノリウッド映画は恋愛やコメディー、アクション、ミステリーなど様々なテーマで製作されています。そのほとんどがハッピーエンドという設定になっているのが特徴です。

制作数は世界一。ナイジェリア人の誇りを支える存在に

ナイジェリア人は、自らの手で自分たちのことを世界に伝えたいと考えています。映画を通して、ナイジェリアやアフリカの本当の生活や考え方を世界に伝えられることを誇りに感じています。

ナイジェリアのノリウッド映画は世界一とはいえ、映画製作においてさまざまな問題が存在します。中でも大きな問題と言えるものが3つあります。

ノリウッドにおける3つの問題

ノリウッドにおける大きな問題の1つ目は、ナイジェリアには映画館が少なく、入場料も高いことです。

入場料は約1500ナイラ、日本円にして510円ぐらいですが、現地の生活水準においては、かなり高い金額です。そのため映画館までわざわざ足を運ぶ人はとても少ないのです。その対策として、製作される映画のほとんどがDVDリリースされ、自宅でも見ることができます。

2つ目の問題は、作品の海賊版が流通しているという問題です。それを防ぐため、現在、DVD専門店を中心とした工夫が検討されています。

そして、3つ目は、映画1本を製作するために、平均約150万円の費用がかかることです。監督の多くが資金調達に苦しんでいます。

これらの問題を解決することが、世界中へノリウッドを広めていくために不可欠であると言えます。