ドバイで大人気 日本式のパン屋さん:アラブ首長国連邦

Japanese breadBy: Gilgongo CC BY 2.0

今、ドバイで日本式のパン屋さんが人気を博しています。ドバイのパンといえば、ホブズ・アラビーという空洞のパンか、せいぜいフランスパンやライ麦パンのようなものであり、淡泊なものが主流でした。

そのため、我々には馴染みの深い「焼きそばパン」「コロッケパン」などのお総菜パンや「あんパン」「チョコレートパン」などの菓子パンがドバイ人にとってかなり目新しいものだったようです。元々、ドバイで日本製のお菓子が高く評価されており、舌の肥えたドバイの富裕層が次に目を付けたのが日本式のパンだったのです。

2012年にドバイに上陸した「ヤマノテアトリエ」

2012年に初めて、日本式パン屋「ヤマノテアトリエ」がドバイの高級住宅街に出店しました。すべて日本から取り寄せた小麦粉を使い、日本らしさを残したパンをドバイで販売したところ、見事にドバイ人の心をつかんだようです。今では午前中でパンが売り切れてしまうほどの大人気店になっています。店内にはテーブルとイスを設けられ、その場で飲食できる工夫がなされており、ドバイのマダム達がティータイムを楽しんでいます。さらに世界でも有名なキティちゃんやジブリキャラクターのパンを販売していることが、子どもたちからも人気を集めている理由です。

日本式のパン屋さんが続々参入

「ヤマノテアトリエ」に続き、最近では、「焼きたて」や「御門カフェ」というパン屋さんもドバイの大型ショッピングモールへ進出。「焼きたて」は70種類以上のパンを店頭に並べ、ドバイ人を驚かせました。ラーメンバーガーやライスバーガーなどの変わり種も販売されています。「御門カフェ」では、日本式のパンに合うように厳選した日本茶も楽しめます。煎茶を始め、番茶やほうじ茶など様々なレパートリーがあり、芳醇な香りを楽しめるよう、急須と湯のみで提供しています。

現地の人々はこのような日本式の販売店参入を大いに喜んでいます。ドバイ人は大量購入する人が多く、すぐに売り切れてしまうため、なかなか手に入れられない人達から更なる出店を求める声も相次いでいるほどです。豊富な種類と繊細な味で日本らしさを提供する日本式のパン屋さんは、今後ますますドバイに出店していくかもしれません。